トップページへ > 社会人の短期留学
社会人の短期留学

留学を希望するのは学生ばかりではなく、社会人も多いのが昨今の事情です。理由としてはいろいろ挙げられますが「海外で就職をするための下準備」「現在の仕事のスキルを高めるため」「日本や海外の大学へ入り直すため」と学生の留学とはまた違った理由が出てきます。

社会人の場合は、短期間ビジネス目的を持って渡航する場合には短期ビジネスビザ(アメリカではB-1ビザ)を取得して、仕事をしながら勉強をすることができます。

また職業訓練学校へ入学する場合にも必要なビザ(アメリカではM-1ビザ)を取得すれば、留学が許可されます。このように、社会人の短期留学でもビザの申請方法によっては、いろいろな目的を持って入国申請をすることができますので、きちんとした目的を明確にさせて必要なビザを申請できるようにしましょう。また、渡航先での滞在期間・どのような目的で勉強をしたいのか等も問われます。

アメリカへ渡航する際を例に挙げれば、大使館や領事館でビジネスビザ発給を申請した際には、面接を要求されます。書類等の提出も求められることがありますので、事前に必要書類等を用意しておくことが必要になります。

またビジネス等で渡航する場合、ある程度以上の語学力も必要になります。勉強のための留学かビジネスのための短期滞在かが曖昧な場合ビザの申請を拒否されることもありますのでご注意ください。仕事とは無関係で語学習得のためであれば、ワーキングホリデー制度等を利用して渡航することをお勧めします。但し、ワーキングホリデー制度には年齢制限がありますのでご注意ください。

Copyright ©  留学生のための留学準備ガイド All Rights Reserved.