トップページへ > 留学の理由や目的
留学の理由や目的

留学を考えた際、理由や目的を明確にしないとビザの発給を受けられない場合があります。「留学先で実践的に語学力を伸ばしたい」というのが大きな目的の一つになりうるでしょう。

また「留学先の経済事情を知りたい」「国際的な法律に関して学びたい」というご自身の仕事をからめた留学もあることでしょう。また提携先の大学同志の交歓留学という制度を利用して、渡航先の大学の卒業資格や学位を取得するために留学することもあります。

この数年、日本でも英会話力を高めるために小学生から英語教育を始めています。小学生から高校生までが留学をする場合、私費留学として諸外国へ渡航することもあります。高校生が渡航先での高等学校に当たる学校を卒業した場合、大学進学に非常に有利に働くことがあります。

先述のとおり語学留学というのがおおきな留学の理由に当たるのですが、語学留学という目的の場合、就労することが認められません。留学のための学生ビザ(査証)を取得することによって日本からの出国を認められるからです。

ビザの種類にもいろいろありますが、たいていの場合は現地で就労することが認められない物となります。そのため、滞在先での学業が長期化する場合には、初年度分の学費・生活費が賄える財力があるか事前に当事国の大使館へ証明をしなければなりません。また、いろいろな制約があるために、テレビドラマのように簡単に「海外留学」とはいかないようです。

ボランティアやホームステイをして実生活に触れながら語学を学びたい場合は、ワーキングホリデー制度を利用しての1年間の語学留学をすることが可能になります。

レンタルオフィスよりバーチャルオフィスのほうが比較手しみるといいよ

Copyright ©  留学生のための留学準備ガイド All Rights Reserved.