トップページへ > 英語発音のポイント
英語発音のポイント

"英語を言葉を発音するときになかなかうまくできないとお困りの方も多いだろう。
そこで今日は、英語を発音するときのポイントをいくつかまとめてみたい。

1)ネイティブに近い発音が出来るようになるためにまず一番大事なのは、""発音の仕方""よりも「リズム」と「アクセント」「イントネーション」である。
この3つが良ければ発音はアレでも意外と通じる。
逆に、発音が完璧でもこれらが悪いと通じないことが多い。
特に英語は、アクセントが発音以上に重要である。
発音よりアクセントが綺麗な人の方が英語が上手に見えるのだ。

2)英語の発音で大切なのは「口の形と動き」。
口の形と動きを覚えることが上達への近道である。

3)英語を喋るときは喉をずっと開けっ放しにすること。
英語は息の言葉なので、喉を大きく空けて発音することが大事。

4)英語の呼吸は腹式呼吸。
多くの外国人は腹式呼吸で英語を喋っている。

5)英語を話すときはトーンを下げる。
トーンを下げることで声に張りが出て聴こえやすく、伝わりやすくなる。
じつは高い声で英語を話しても伝わりにくい。
歌でもそうだ。高い声だと変に聴こえてしまう。
また、英語だと声は低い方が良い声とされている(だから外国人の声は低い)。

この5つを意識するだけでもかなり違ってくると思うので、ぜひ頭に入れておきたい。"

髪型を変えるつもりがなかったので、髪型自由の職場はありがたいですね。

Copyright ©  留学生のための留学準備ガイド All Rights Reserved.