トップページへ > 日本の英語教育について思うこと
日本の英語教育について思うこと

"私は中学時代英語が大嫌いでした。

なぜ嫌いだったかわかりませんが、とにかく嫌いでした。

でも大学になり、実際に英語を使うようになって初めて英語をちょっとだけ好きになりました。

思い返してみると、どうやら日本の英語教育に原因があったような気がします。

私たちの中学高校時代は、英文法を中心に学ぶような勉強方法で、話すより書くことが中心でした。

ですので、文法的に間違っているもの、時制があっていないものなどは間違いであって、話せなくても書き文法があっていればいい。
話せても点数にはならない。

そして、間違えたまま言葉としてしゃべるのは恥ずかしいいう雰囲気があって、とてもチャレンジしてみようという気になりませんでした。

しかし、英語は話さないとどんどん忘れていってしまいます。文法をおさえていても実際に使わないと、使えなくなってしまって、本末転倒です。

現在少しずつその弊害を克服しようとしているようですが、やはり先生自体がこのような文法中心で育ってきた世代ですので、なかなか難しいような気がします。

もっと大胆な英語教育が必要な気がします。"

Copyright ©  留学生のための留学準備ガイド All Rights Reserved.